雛人形
桜

ひな人形

雛人形の歴史、日本の伝統行事である三月三日ひな祭りは、女の子の節句として私たちの暮らしになじみ深いものとなっていますが、そのひな祭りの歴史は古く、その起源は平安時代中期(約千年前)にさかのぼります。

その頃の人々は、三月初めの巳の日に上巳(じょうし、じょうみ)の節句といって、無病息災を願う祓いの行事をしていました。人形(ひとがた)や形代(かたしろ)に自分の災厄を託して海や川に流しました。

また、その頃上流の少女たちの間では、紙など作った人形と、御殿や身の回りの道具をまねた玩具で「ひいな遊び」(ひいな=人形)をしていました。今でいう、「ままごと遊び」です。長い月日の間に、こうした行事と遊びが重なり合って、現在のような祭りとなりましたが、この日が華やかな女の子のお祭りとなるのは、戦国の世の終り、世の中が平和になって江戸時代からといわれています。

江戸時代初期には、京都御所で盛大なひな祭りが催されたそうです。やがて、幕府の大奥、上流から町民へ、大都市から地方へと大きく広がっていきます。女の赤ちゃんの誕生を祝う初節句の風習が生まれたのは、江戸中期の頃です。

こうした歴史を経て今もなお、ひな人形をわが子の形代(かたしろ)と考え、災いがふりかからず美しく成長し、良いご縁に恵まれ幸せに暮らせますようにとの親や家族の温かい願いを込めて飾れます。 
お子様の一生の幸せを願って贈るひな人形。ご両親の気持ちになって織原では、ご予算やお好みに合わせて納得いただけるまで選べるシステムをとっています。

ひな人形は、お子さまの一生の宝もの。親の心に応える、良いものをどうぞ。

あなただけのひな人形を…

  • 織原のお人形は手にとって選び頂けます。

  • お客様のお好みでお人形やお道具をお選びいただけます。

  • お人形の作家につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • ​お子様のお名前札をお作りします。

雛人形 3段

毛せん、お子様のお名札(オルゴール付き)、被布(3種類からお選びください)をお付け致します。

お名札には家紋もお入れ致します。

雛人形 名札付き
雛人形 被布
雛人形 被布