五月人形
五月人形

五月人形

五月人形・鯉のぼり 五月人形の歴史 江戸時代に5月5日は徳川幕府の式日として定められ、大名や旗本が式服で江戸城を訪れ将軍をお祝いするようになりました。さらに古来、武士の家に男の子が誕生すると玄関に兜の人形を飾り、お祝いをしたそうです。鎧や兜は戦いでの身体防御として身を守る大切な役目をもっていたために今日までその精神を大事に、五月人形として飾るようになりました 。

誕生した男児は、無事に成長し、強く、優しく、逞しく成長を願うものです。五月人形の鎧や兜は、その子の無病息災と多幸を祈願する想いが込められています。玄関前に幟や吹き流しを立てる風習も、時代とともに武士から庶民に広がり、厚紙で作った人形や兜などを飾るようになっていき、これらが五月人形や兜飾りに変わっていきました。また江戸中期には武家の家で立てていた幟に対して町民の家では鯉のぼりを飾るようになったと言われています。

  • お客様のお好みで兜や鎧、その他お道具をお選びいただけます。

  • 鯉のぼりにつきましては、お庭に立てられるものから、ベランダから掲げられるコンパクトなサイズのものまで幅広くお選びいただけます。

  • ​お子様のお名前札をお作りします。